【子宝の湯九州編】パワースポット満載の九州でと子宝祈願の旅

今回は子宝の湯、九州編です。九州と聞くと、遠いと感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、最近ではLCC等の格安航空券を使えば、気軽に遊びに行ける様になったので、人気上昇中の国内旅行エリア。しかも、九州には子宝の湯だけでなく縁結び神社や子宝神社、ご利益巡りのスポットが点在していることでも有名です。グルメや観光でも充分楽しめる九州は、調べれば調べる程に歴史のある沢山の縁結び、子宝神社や子宝の湯がある事にも驚かされてしまいます。

そう言った事からも、九州はまさに良縁、子供と「縁」を繋ぐ、愛に溢れたパワースポットと言えそうです。お子さんを望んでいる方でしたら、是非、九州の子宝神社や子宝の湯を巡ってみる事をオススメします。きっと、子授けに良いパワーが沢山貰える事でしょう。

九州が誇る子宝の湯「筑前の湯 神水 まむし温泉)

まむしと言えば、男性の滋養強壮に良いとされる爬虫類として有名ですが、そんなまむしが温泉の名前になっている、福岡県糸島市にある「筑前の湯 神水 まむし温泉」は様々な効能とご利益があると子宝の湯として期待の温泉です。

元々は弘法大師の空海が、その土地にまむしの毒で苦しんでいる人々を助ける為に神水を湧き出させたと言われており、その湧水には友愛や、良縁祈願、気が立ち直る効果があると言い伝えられています。側にはパワースポットと言われる2本の寄り添うムクノキ(七福夫婦木)があり、夫婦和合の意味があるそうです。

不妊治療で精神的にもナーバスになっている方でしたら九州が誇る子宝の湯「まむしの湯」は夫婦でお出掛けして欲しいパワースポットですね。

子宝をどけんかせんといかん!と思うご夫妻にぴったりの陰陽石とは?

九州、宮崎県小林市には夫婦円満、安産、子宝にご利益があると言われる夫婦石があります。この夫婦石は自然石で、しかも男性、女性のモノが寄り添うように並んで、かなりの存在感を放っています。そしてこの夫婦石、古くより「陰陽石」と呼ばれて、子孫繁栄、子宝に恵まれたい夫婦を救ってきたそうです。

昔は、陰陽石温泉もあったそうですが、現在は止めてしまったそうなので、子宝の湯がないのはちょっと残念ですが、その代わりに陰陽石鬼子母神や「愛の歴史館」改め「ギャラリー蔵」があります。ここでは、男性、女性にまつわるものが沢山陳列されており、結構見応えもあるようです。

すぐ側には陰陽石茶屋もありますので、しっかりとご利益を得た後に寄ってみると、なかなか面白い九州土産にも出会えますし、ちょっとほっこりしながらも感慨深いものがあるかもしれませんね。

阿蘇山のパワーを子授けに!赤水温泉に浸かってみよう。

九州と言えば熊本県の阿蘇山も忘れてはいけません。阿蘇山の付近は阿蘇温泉郷と呼ばれており、火山の力で湧き出た赤水温泉が沢山あります。赤水温泉と言うだけあり、お湯は赤っぽく泉質も鉄分をたっぷりと含んでいるので、女性にはぴったりです。

赤水温泉は単純温泉になりますが、沢山の効能があります。中でも、婦人病にも効くと有名ですので、子宝の湯との呼び名も高く、中でも「阿蘇白雲山荘」は子宝温泉として有名です。火山のエネルギーを含んだ温泉は歴史も古く、効能からしても効果がありそうですよね。


以上が九州にも点在する子宝に良いとされるパワースポットや子宝の湯の、ごく一部になります。実は九州には、まだまだ隠れた子宝の湯やパワースポットが沢山あるのですが、流石九州ですね、全部回ろうと思ったら長期休暇でも取らない限り、全て回りきれなさそうです。しかし、子宝に恵まれたい方にとっては、旅行がてら一つ一つ巡って制覇していくのも旅の面白さかもしれません。赤ちゃんを授かるまでの間、御夫婦で楽しみながら、子宝旅行を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング