医療事務の就職は派遣からがおすすめな理由

私が医療事務の仕事を始めるきっかけになったのは、友人の姉が病院の窓口におり高卒でも資格取得可能で取得までもそこまで費用はかからないと教えてくれたおかげでした。

バイトで費用を稼ぎながら空いている時間に通学し、4か月ほどで資格を取得する事ができました。

医療と今までの自分の生活とは全く関わりがなく受講していても内容がさっぱりで本当に試験に合格できるのだろうかと不安でしたが、受講していくうちに自分との接点を見つけたり、今後の生活に生かせそうな知識も身に付き楽しくなっていったのを覚えています。

面接すら辿り着くのが難しい「正社員採用」

資格取得後、早速色んな医療機関の求人を探しました。

私が求人を探していた時期は医療事務という職種が注目を浴びており、応募条件が経験者○年以上や大卒以上だったりと応募条件が厳しく倍率も相当なものでした。

資格とりたての私は面接すら辿り着く事ができませんでした。

派遣社員で経験を積み、正社員で就職に成功

そんな時、受講していた学校より派遣社員として職場を紹介して頂ける事になり、経験が積めるまで正社員は一旦お預けとなりました。

2年程、派遣社員として働き正社員に向けて退社し自力での就職活動が始まりました。

その頃には医療事務人気も収まっていたのか倍率もそこまでなく、応募した医療機関に一発で面接まで辿り着けました。なにより、経験者という職歴をアピールできたのが一番効果があったと思います。

正社員だと派遣より大変なことも

いざ正社員で働くと派遣社員とは違って仕事量の多さが違い、月末のレセプトという作業を終わらせないと帰宅できませんし、にこやかに見えていた事務さんも裏ではクレーム対応に追われていたりなど多々大変さはあると思います。

受付時間が過ぎたからといって仕事が終わる訳ではありません。受付時間内に来られた患者さまが全員診察が終わり、片付けまでが仕事時間です。

人気の医療機関程、残業は長くなると思います。

大変さの中には、患者様と一対一で接する事が多いので感謝の言葉を直接聞けたり名前まで覚えて帰ってくれる方もいます。

医療機関なので休日に急遽出勤になったりもないですし、事務業なので力仕事もなく、お休みの調節もしやすいので女性や子育てママに人気なのがよく分かります。

思い描いている医療事務員の仕事もイメージと実際の職場は大分違うと思います。同じ医療機関でも環境や条件も様々です。

これから医療事務への道に進む方がいましたら、派遣を通して一度体験してもるのも良いかもしれません.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


カテゴリー