まずい硬水をおいしく飲む5つの方法

「硬水はまずくて飲めない」

「にがりのような味」

「クセが強くて喉を通らない」

普段から軟水を飲んでる私達にとってコントレックスやエビアンといった ミネラル豊富な硬水は「まずい」と感じる人が大半です。

とはいっても「代謝の促進」「脂肪の吸収抑制」といったダイエットや健康面でのメリットの大きい硬水、まずいと諦めずになんとか美味しく飲める方法はないのでしょうか?

そこで、どうやったらまずい硬水をおいしく飲めるのか徹底的に調べあげました。ちょっとしたひと手間でまずい硬水も飲みやすくなりますよ!

1.冷やして飲む、温める

硬水を冷やすと飲みやすくなるのは、定番中の定番です。冷やすとキリッとした味になって、まずさを軽減、常温で硬水を飲むよりもかなり飲みやすくなります。

冷やすだけで飲みやすくなれば手間いらずですし、すぐに実践できるのがメリットですよね。

ただし、硬水はミネラル豊富で下痢を起こす可能性があり、冷やした水の場合さらに下痢しやすくなるので普段からゆるめの方は注意しましょう。

また、冬は冷たい飲み物なんて考えられない!という人は、硬水を温めても良しです。飲みやすくなって体も温まり、一石二鳥です。

2.すっぱくする

硬水は重たいような味がするため、すっぱくすると軽さを感じて飲みやすくなりますよ!

レモン汁を絞る

硬水にレモン汁を入れて飲むと、すっきりした味になります。レモン汁に合うのは冷水なので、夏は冷えた硬水にレモン汁を入れてミネラル補給すると良いですよね。

レモン汁にはクエン酸が含まれていて、クエン酸はミネラルの吸収を助ける働きがあります。硬水を飲むのはミネラルを補給するためなので、レモン汁は強い味方です。

レモン汁は生のレモンを絞って飲むのも良いんですけど、絞るのが面倒くさければレモン汁の商品を買えば簡単にレモン汁を硬水に入れれます。

また、レモンだけでなくグレープフルーツやミントも硬水を飲みやすくします。硬水にグレープフルーツとミントを入れたら、インスタ映えする飲み物の出来上がりですよ。

りんご酢を入れる

レモンが苦手な方におすすめなのがリンゴ酢です。

りんご酢は血圧を下げる炭水化物の吸収を抑える疲労回復効果があるなどの効果があり、健康や美容、ダイエットにピッタリなんです。

だから硬水にりんご酢を入れれば、さらに健康を考えた飲み物になリます。それで硬水が飲みやすくなるなら、嬉しい事だらけですよね。

注意したいのが、りんご酢のカロリーです。りんご酢は100gあたり26カロリーで高カロリーではないんですけど、水だけ飲むよりカロリーはプラスになるので、りんご酢の入れ過ぎには注意しましょう。

また、カロリーは気になりますが、りんご酢+はちみつ+硬水というおしゃれな飲み方もあります。デザート気分で飲んでみてはいかがでしょうか?

3.炭酸水にして飲む

炭酸水にして飲む方法も硬水のまずさを軽減する方法としてメジャーです。

炭酸水にするためには炭酸を作るグッズが必要ですが、硬水生活をするなら必要アイテムになりそうですよね。

クエン酸と重曹を使った炭酸水の作り方

1.良く冷えた水250ml、食用クエン酸小さじ2分の1、食用重曹小さじ2分の1を用意する

2.水、クエン酸、重曹を全て混ぜる

これが一番簡単に炭酸水を作る方法です。この方法だと塩が発生して少ししょっぱくなるので、クエン酸と重曹を少し減らしても良しです。

また、炭酸水を作るマシーンを使うのも良いでしょう。レモン汁を入れれば、より飲みやすくてミネラルが吸収しやすくなりますよ。

ちなみに、天然炭酸水(天然水そのものに炭酸が溶け込んでるもの)は硬度が高いものも多く、炭酸水好きが硬水生活するなら、硬度が高めの天然炭酸水をストックして置くと良いですよ。

4.コーヒーや紅茶にして飲む

硬水なコーヒーや紅茶をおいしくしてくれます。なぜなら、硬水を使う事で香りがより良くなるからです。

ミルクティーに硬水を使うとおいしいとの声もあるぐらい、硬水は紅茶と相性良しです。

また、コーヒーだと硬水は酸味を引き立たせてくれます。そして、カルシウムが多めの硬水でコーヒーを入れると苦味が和らいで飲みやすくなります。

ただし、マグネシウムが豊富に含まれてる硬水はコーヒーの苦味を強くしてしまうため、苦味が苦手なら避けましょう。

5 . 低い硬度から徐々に慣れる

硬水をおいしく飲むための方法を色々と書いてきましたが、それでもやっぱり硬水は無理!と言うなら硬度を少しづつ上げて硬水に慣れていきましょう。

または、飲みやすい硬水から飲んでいくのもお勧めです。

飲みやすい硬水でおすすめなのが、ヴィッテル、硬水の中でも飲みやすいとの声が多い
フランス生まれの硬水(中硬水 硬度は315mg/L )です。

また、ペリエは天然炭酸水で、お酒で割る、料理と一緒に飲むなどで活躍します。ペリエは炭酸水なので、硬水が飲みやすいと感じるでしょう。

飲みやすい硬水から始めて、硬度を上げていくのもありです。

まとめ

・冷たくする、温かくする、炭酸水にする

・酸味があるものを合わせる

・コーヒーや紅茶は硬水でおいしくなる

・硬度を上げていく

この方法で硬水は常温をそのまま飲むよりもおいしくなるはずです。自分にあった飲み方を見つけてまずい硬水を克服できるといいですね。

おすすめの記事