ミネラルの味ってどんな味?成分表から分かるおいしい水

ウォーターサーバーでもペットボトルの水でも、商品が違えば味がちょっとづつ違いますよね。

成分表にはカルシウムが~mg、マグネシウムが~mgなどの記載がありますが、実は成分表を見れば大体の味が分かります。

なぜなら、ミネラルは旨味でミネラルがあるからおいしい水と感じるからです。つまり、ミネラルの含有量によって水は味が変わります。

それでは、どのミネラルがどんな味になるのか成分表を見れば味が予想つくように、1つ1つのミネラルの味やおいしい水の探し方などを見ていきましょう。

硬水の味、軟水の味ってどう違うの?

水は大きく分けて軟水と硬水に分かれます。一言で言えば、軟水はミネラルが少ない水で硬水はミネラルが豊富な水です。

数字で表すと、硬度100以下が軟水、300以上が硬水です。そして、この間の100~300は中程度の硬水と言われています。

水の成分表には硬度が書かれていて、軟水や硬水と表示してあるものもあります。また、商品のホームページには軟水と説明書きがあるケースもあります。

なので、手にとった水が軟水か硬水かはすぐに分かります。

軟水の味

軟水の味は柔らかく、ゴクゴクと飲める味です。水道水も軟水なので日本人は軟水慣れしていて、日本のウォーターサーバーやペットボトルの水はほとんどが軟水です。

軟水でも硬度が一桁の水から二桁の水まで色々とありますが、飲みやすいものがほとんどです。

硬水の味

硬水はミネラルがたっぷりで、重い味がします。ミネラルは旨味ですが、豊富だと旨味というよりも重圧感を感じる味になります。硬水に慣れてる人はそれが普通ですが、日本人は慣れてないので硬水を飲むと「あれ?ちょっと飲みにくいかな?」と感じるでしょう。

エネルギッシュ、重圧感がある、飲みごたえがあるなどが硬水の味です。そして、硬度がすごく高くなるとまずくて飲めないと口にする事すらできなくなります。

ミネラルの味の特徴

水の味は軟水か硬水かで大きく変わりますが、もう少し突っ込んでミネラル1つ1つの味について見ていきましょう。

・カルシウム→カルシウムは水に甘みを与えます。ただし、たくさんの量だと飲みにくい水になってしまいます。

・マグネシウム→カルシウムと同じく、水を甘くします。少量なら飲みやすい水になりますが、多すぎると苦味や渋みを感じてしまいます。

・カリウム→少量なら甘み、大量だとしょっぱくなります。

・ナトリウム→カリウム同様、少量なら甘み、大量だとしょっぱさを感じます。

どの成分も少量なら甘みを感じますが、大量だと苦味やしょっぱさが出てきます。硬水が飲みにくいのは、こういった苦味やしょっぱさなどが水に現れているからなのかもしれませんね。

また、水道水にもミネラルは含まれていますが、水道水は塩素で消毒してるのでミネラルの味よりも塩素の匂いが勝ってしまいます。そのため、ミネラルの甘さなどの味を水道水で感じるのは難しいでしょう。

こだわり派なら「溶存酸素」にも注目

溶存酸素なんて難しい言葉ですが、ようは水に溶けてる酸素の量の事です。酸素は水にたくさん含まれていると、それだけ汚染されてない水です。つまり、水がおいしいという証拠になります。

溶存酸素は天然水で、かつ非加熱だと高い数値が出てきます。加熱で水を処理すると酸素が抜けていきますし、RO膜で何もかも除去してしまうと酸素も除去されてしまいます。

そんな理由から溶存酸素が書いてある水商品はあんまりないんですけど、もし書いてあれば数字を比較してみると良いでしょう。

ちなみに、ウォーターサーバーで溶存酸素が高いとアピールしてるのがプレミアムサーバーの南阿蘇の水で、10.5mgです。これに近い数字ならおいしい水と判断できる1つの材料になります。

成分を意識して飲み比べしてみよう!

水がおいしいかどうか判断するのは、軟水か硬水か、1つ1つのミネラルの味、酸素量など色々とありますが、最終的には飲んでみなきや分かりません。そこでお勧めなのが、水をたくさん飲み比べしてみる事です。

例えば、ウォーターサーバーの無料お試しを利用してみる、ショッピングセンターなどで行われるウォーターサーバーのイベントで試飲するなどの方法ならタダで水の味が分かりますよね。

また、ペットボトルの水でも成分表を見てから飲むと、この成分でこんな味なんだと分かります。そして、似たような成分の商品の味が予想できます。

水は冷たいか、常温かなどの温度でも味の感じ方が違いますし、自分がもっともおいしいと感じる水は飲んでみて決めるのガ早いです。

ただし、やみくもに飲んでもおいしい水は見つけにくいので、成分を見ながら飲むようにするのがコツです。

まとめ

・軟水、硬水で味は大きく変わる

・1つ1つのミネラルは多すぎないのが飲みやすい

・溶存酸素はおいしさの目安

・冷水、常温水、温水でも味は違う

この水ってどんな味?と疑問になったら、今までの事に注目しながら成分表でどんな味か想像していくと良いですよ。そして水マスターになれます。

おすすめの記事