保存水は「まずい」の?「利き水」で飲み比べ実験!なぜ長持ちするの?体に悪い?の疑問も調査

「1人1日3リットル 」×7日分

これが 大規模災害を想定した場合に望ましいとされる備蓄水の量です。

5人家族だとその量は105L、これをまとめ買いするんですから出費もなかなかのもの、絶対に失敗はしたくない買い物であります。

そこで「保存水はまずいのか?」人気のミネラルウォーターと飲み比べを実施。先入観が入らないように目隠しの「利き水」でチャレンジしてみました!

さらに「体に悪い?」「なぜ長持ちするの?」

といったよくある疑問にもお答え!保存水にまつわるあなたのモヤモヤをスッキリ解決します!

保存水はまずいのか?ミネラルウォーターと飲み比べてみた

今回は近所のホームセンターで買ってきた保存水と、おそらく日本で一番売れてる人気のミネラルウォーター 「南アルプスの天然水(サントリー)」との飲み比べです。

 7年保存水南アルプスの天然水
品名(名称)ナチュラルミネラルウォーターナチュラルミネラルウォーター
原材料名水(鉱泉水)水(鉱水)
採水地島根県浜田市金城町山梨県北杜市白洲町
硬度40~50ml/L約30ml/L
pH8.2~8.4約7

南アルプスの天然水

こちらはもう説明いらず、ほのかに甘みも感じて後味もスッキリ、もちろん嫌なニオイもありません。

7年保存水

近所のホームセンターで売っていた7年間保存できるというお水。

気になるのはこちら

ちゃんと保存水は備蓄してるんですが、「ダンボールを開けて劣化が早まったら嫌だなー」って事で今回のテストのために買ってきました。

説明書きによると島根県金城町の地下300mの花崗岩層から湧き出した原水を使っているとのこと。

さてさて、味の方はどうなんでしょうか?

嫌な味がしないか?嫌なニオイがしないか?

味覚と嗅覚に神経を集中させてチェックしてみます。

グラスに注がずペットボトルからダイレクトに飲んでみます。

「おっ!普通においしいじゃん!」

「まずい」なんてことはまーないだろうとは思ってましたが、普通においしい^^

ニオイ、後味、喉ごし、全てにおいてまずい要素は見当たりません。

嫌なニオイもないし、ほのかに甘みも感じるおいしさ!

さっき飲んだ「 南アルプスの天然水」比べると後味に違いが若干あるようなないような?

「こりゃ神経を研ぎ澄まさないと判別できないな」そんなレベルの違いです。

普段コンビニで買ってるミネラルウォーター飲んでるのとほぼ変わりなし。

利き水で見分けられるのか?試してみた

「これ、飲み比べてわかるかな?」

と疑問に思ったのと遊び心で、旦那さんに協力してもらって「利き水」なるものにチャレンジしてみました。

ペットボトルのままだと、持った感触でわかっちゃうのでちゃんとコップにそそいでからいざチャレンジ

1回目、「あれっ?どっちだ?」

2回目 「わかるようなわからないような・・・」

ってことで結局ふたりとも3回チャレンジ

おかげでお腹が膨れちゃいましたw

そして、結果がこちら

私 ◯正解 ×不正解 ×不正解

旦那 ×不正解 ◯正解 ×不正解

いやー目隠しするとわからないものですねー!

3回チャレンジして、当たったのはふたりとも仲良く1回だけという恥ずかしい結果に・・・

目隠しするまでは、「こっちの方がちょっと後味が残るかな?」なんて偉そうな事言ってましたが、目隠ししたらこの結果w はずかしー

そのくらいわかんないんですよホント。

とんでもないバカ舌夫婦って可能性もありますがw

結論!保存水はまずくない

っていうかおいしいです!

実は最初、水道水とも飲み比べようと用意したんですね、

でもミネラルウォーターとの味の差が歴然すぎて「こりゃやっても意味ないな」ってことでやめました。

水道水は塩素臭は気にならないレベルなものの、遠くの方にカビ臭があって、浄水器なしではやっぱり飲みたくない、 我が家の水道水は明らかに「まずい」といえるしろもの。

それに比べ今回お試しした保存水はまずいどころか人気のミネラルウォーターとも遜色ないおいしさ♪

これなら備蓄水としても安心してまとめ買いできます。

保存水がまずくない理由

消毒のための薬品 (塩素や保存料など) が入ってないから

「保存水はまずい」と思われる原因はこれが多いと思います。

5年も10年も保つんだから、塩素とか保存料のような添加物が入ってるんじゃないの?って

そもそも塩素は不安定な化合物なので、未開封のペットボトルでも自然に分解されちゃうんですね。

なので長期保存が目的の保存水にとっては塩素は役に立たないものなんです。

あと、保存料などの添加物も入ってません。

保存水は徹底した細菌対策がなされているだけで、私達が普段お店で目にするミネラルウォーターと同じように、薬品などは入ってないただの水、だからまずいことはないし、体に悪いなんてこともないわけです。

日本人が飲み慣れてる軟水だから

長期保存水は日本人が飲み慣れてる「軟水」です。

適度にマグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルが適度に入っているから飲みやすくおいしいわけです。

保存水の選び方、とかいう記事で「硬水」は避けましょうね、なんて書いてある記事がありましたが備蓄用の水に硬水なんてあるはずもなく

実際に探してみましてが、一つも見当たりませんでした。

長期保存水として日本で販売されているものはほぼすべてが軟水です。

長期保存水とミネラルウォーターの違いってなに?

ミネラルウォーターと比べると、若干割高感のある長期保存水。

ミネラルウォーターと何が違うのか?なぜ賞味期限が長いのか?

ってところ、気になりますよね。

楽天、Amazonの売れ筋商品をくまなくチェックし、保存水とミネラルウォーターの違いを探ってみました。

高強度&耐熱ボトルを使用

備蓄用の高強度ボトルを使用しているものが多いです。やはり、地震や津波などに備えるものですから、

ちょっとやそっとで壊れてしまってはいけないということで強度の高いペットボトルが多く採用されています。

強度があるので重ね積みが可能、省スペースな保管場所でもより多くの水が備蓄できるメリットもあります。

さらに耐熱ボトルを使用する事で、高温での充填が可能になり、細菌の侵入をブロックします。

徹底した殺菌処理

5年から10年、長い物では15年も保存するわけですから、少しでも菌が入っていては大問題です。

長期保存水では通常のミネラルウォーターに比べ、高温殺菌の時間を長くしたり、クリーンルームでの充填、

高温のまま充填することで菌の侵入を阻止、充填後も紫外線殺菌を行う、無菌充填システムの利用などなど、より徹底した殺菌処理を行っているようです。

「 ようです 」としか言えないのには理由があって、殺菌処理工程を公開してくれているメーカーさんも多いのですが、残念ながらそうじゃないメーカーさんもあるんですよね。

消費者としてはちょっと不安な部分です。保存水のメーカーさんはぜひ、水質検査の結果とともに、殺菌処理行程についても公開していただきたいです。

きっと売上アップにもつながりますよ!

ダンボールにもうれしい工夫

保存水は災害用の備蓄を想定しているので、一般的なペットボトル水とは違い、梱包されているダンボールにも気の利いた工夫が各所に見られます。

こちらはサントリーの備蓄水、賞味期限が大きな赤い文字で書かれています。

サントリー南アルプスの天然水2L 防災備蓄用

こちらは楽天で人気の霧島湧水、伝言ダイヤルの使い方やメモ欄など、災害を想定した気の利いたダンボールで梱包されてます。


保存水 霧島湧水 志布志の自然水-楽天

つづきまして、こちらも楽天で人気のサーフビバレッジの長期保存水

通常よりもの強いダンボールを使用、さらに長期保存するものだからゴミや虫が入らないように持ちての穴があいてません。

サーフビバレッジ 長期保存水-楽天

ダンボールへの気配りはメーカーさんによって違いが分かれる部分、水の味や保存年数だけでなく、こういったところも商品選びのポイントになってきます。

保存水をまずくしないための3つの注意点

何年も保管するものだから間違った保管方法をしているとせっかくおいしい保存水もまずくなってしまいます。

不味くしないために注意するポイントは以下の3点

1.ニオイがあるものと一緒に置かない

ペットボトルってニオイ移りには弱いという弱点がああります。なので、ニオイがあるものと同じ場所に保管するのはNG!

ちょっとどこのメーカーか忘れちゃいましたが、ミネラルウォーターにオイル臭やカビ臭がする、という苦情が殺到し回収騒ぎになった事があります。

あと、よくあるものだとカビ臭、

実際に倉庫のカビ臭が商品のミネラルウォーターに写ってしまって回収騒ぎになった事例もあるので、ニオイ移りはほんと要注意ですよ!

2.日が当たらない低温暗所へ保管する

ペットボトルの劣化は保存水を不味くしてしうまうだけでなく、水質の劣化や衛生面の心配も出てきます。

洗濯バサミが日光でボロボロになってしまうように、ペットボトルも日光の紫外線で徐々に劣化してしまいます。

何年保管するものだから、紫外線が差し込まないところに保管しましょう。

また、温度が高すぎるところ、低すぎるところ、温度変化の大きいところ、もペットボトルの劣化を早めてしまいます。

紫外線と温度、この2つを考慮して保管場所を探してみてください。

3.買い替え時期はスケジュールで管理

いざ!という時、期限が切れて不味くなった水を飲みたくないなら、賞味期限はちゃんと管理しとかないとですね。

我が家では「そういえばそろそろ備蓄水の期限きれるんじゃ?」と思って確認したら1年3ヶ月も賞味期限が過ぎてました(^_^;)

今回の事に反省して、保存水の賞味期限はカレンダーアプリで管理するようにしました。

Googleカレンダーで管理

まだまだ先のことと思ってしまいがちですが、購入したついでにやっておいたほうがいいですよ!

保存水選びのポイント

賞味期限の保証があるお店で買う

「5年保存水って書いてあったのに、届いた商品の期限を見たら4年後だった・・・」

そんなことが実際には多くあるようで、「ふざけんじゃねー!」とネット通販ではクレームの原因になっています。(特にAmazonのマーケットプレイス商品には注意)

通販でもちゃんとしたお店は賞味期限を保証してくれてるので、購入するならそういうお店を選んだほうが安心です。

店舗で購入するときも、ちゃんと◯年後まで賞味期限があるのか、確認はお忘れなく!

家族の人数にあった量を備蓄する

災害に備えた飲料水の備蓄の目安は3日分 、大規模災害発生時には1週間分の備蓄が望ましいとされています。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など
※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

出典:首相官邸

3日分の目安

1人  9L   (3L×3日)
2人  18L   ( 6L×3日 )
3人  27L   ( 9L×3日 )
4人  36L   ( 12L×3日 )
5人  45L   ( 15L×3日 )

一週間分

1人  21L   (3L×7日)
2人  42L   ( 6L× 7日 )
3人  63L   ( 9L× 7 日 )
4人  84L   ( 12L× 7日 )
5人  105L   ( 15L× 7日 )

大規模災害にも備えてこその備蓄水ですから、政府が推奨している1週間分は確保しておきたいですね。

5人家族の一週間分ともなると105L、2Lペットボトルで50本以上となかなかの分量、収納スペースも必要になってくるし大変ですが、 大規模災害に備えるためにもしっかり備蓄しておきたいところです。

サイズ違いもあるとなお安心

コスパもいいし、たくさん備蓄できるということで2Lのものが長期保存水の主流ですが、500mlのリュックにいれて持ち運べるタイプもいざという時に便利です。

持ち運び用が必要なら水筒や空のペットボトルに入れ替えればいいや、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、すぐに避難しないといけない時には困ります。

また、災害の時って水が使えないから「洗う」って事ができず、衛生的に詰替えはアウト!

なので、2Lだけじゃなく500mlのボトルもある程度用意しておくと安心ですよ!

まとめ

  • 「まずい」心配は無用、市販のミネラルウォーターと遜色ないおいしさ
  • 塩素や保存料などの添加物は入ってない
  • 不味くしないためには保管方法にも注意

長期保存水の中身は、コンビニとかで普段目にするミネラルウォーターと大差なく、おいしい水です。

ただ、まずい保存水にしてしまわないように、保管場所や期限切れには注意したいところですね。

おすすめの記事