ミネラルウォーターなどの水商品を選ぶ時に、どんな水がおいしいんだろう?とラベルや成分表を見ながら思った事はありませんか?

実は、おいしい水の条件というのが旧厚生省で発表しています。また、水ソムリエもおいしい水について述べています。

そこで、せっかく水にこだわるならおいしい水ってどんな水?と、水選びの基準に役立つ情報を知っておくのも良いですね。

旧厚生省発表のおいしい水の条件とは

旧厚生省(現在の厚生労働省)は昭和60年に水道水を調査して、おいしい水とは何かを発表しています。

それによると、ミネラルや水温がおいしさに関係してるとされています。

水道水を研究したものなので全ての水に共通とは言えませんが、おいしい水を選ぶ、水をおいしく飲むための参考にしてはいかがでしょうか。

おいしい水の条件(旧厚労省発表)
  • ミネラル:10~100mg/L
  • 炭酸ガス:3~30mg
  • 残留塩素:0.4mg/L以下
  • 水温:10~15℃

ミネラル

カルシウム、マグネシウム、鉄やマンガンなどのミネラルが10~100mg/L含まれていると水がまろやかでおいしくなります。

ミネラルが多すぎると苦味や渋みが目立つようになります。しょっぱさを感じたり、異臭を感じるようにもなります。

ミネラルの含有量は水の成分表で硬度という項目から確認できます。

また、輸入した水以外ならほとんどの水道水やミネラルウォーターが硬度100mg以下ですが、硬度30mgほどがよりおいしい水だと考えられます。

なぜなら、それぐらいの硬度のミネラルウォーターが多いからです。多くリリースされてるという事は、それだけ口に合うという事です。

炭酸ガス

炭酸ガスが適度に含まれた水だと、清涼感を感じやすくなります。

3~30mgが目安の数字ですが、最近は炭酸水ブームで強炭酸水が好きという人もいるでしょう。

また、炭酸水はお腹が張ってしまうなどであんまり好きではない人もいるかと思います。

なので、炭酸ガスは個々の好みで大きく左右されるでしょう。

残留塩素

水道水での話ですが、残留塩素が0.4mg/L以下がおいしい水の条件の1つです。

浄水器を通した水は塩素を除去できるので、残留塩素は少ないです。

WHO(世界保健機関)だと、残留塩素は0.5mg/Lなら一生その水を飲んでも大丈夫だという数字ですが、それよりも少ないのがおいしい水って事ですね。

旧厚生省によると、0.4mgを超えるとカルキ臭くなるそうです。

水温

水温は水のおいしさを左右する大きなポイントです。人がもっともおいしい水と思うのが、10~15℃です。

冷蔵庫の中は10℃以下の家庭が多いので、冷蔵庫から出したばかりの水よりもちょっと高い温度がおいしく感じるという事ですよね。

だけど夏はキンキンに冷えた水の方がおいしいので、この温度もあくまでも目安です。

水ソムリエが推奨するおいしい水の条件

水ソムリエはアクアソムリエと呼ぶのが正式名称で、協会であるアクアミネラーレから認定された人です。

アクアマエストロとアクアアドバイザーの資格を持っていて、いわばワインソムリエの水バージョンです。

おいしい水の条件(水ソムリエ推奨)
  • カルシウムとマグネシウムが2:1または3:1
  • 目安は常温でもおいしく感じる水

ミネラルバランスの良さ

おいしい水は、カルシウムとマグネシウムが2:1または3:1の割合で入ってる水です。バランスが悪いと、重いと感じる場合があります。

水ソムリエでなければミネラルバランスでの違いからくる味はそこまで分からないとは思いますが、

「この水とこっちの水、どっちが良いかな?」と比較する時の参考にしてみると良いですね。

常温で自分がおいしいと感じる水を選ぶ

日本人にあまり馴染みがない硬水でも、冷やすと飲みやすくなります。冷たいと味がごまかしやすいのですが、常温ならごまかしはききません。

常温でもおいしいと思う水は、自分にとって本当においしい水です

ペットボトルの水を購入したら、常温で飲んでみておいしいかどうかチェックすると良いですね。

常温の水は体を冷やしにくく、水分補給にピッタリです。

また、サプリや薬を飲む時は常温水か白湯で飲むのが基本なので、常温水で飲める機会があれば試してみて下さいね。

おいしくない水

旧厚生省の基準と水ソムリエのおいしい水の基準は分かりましたよね。逆においしくない水は、

  • ミネラルが少なすぎる
  • ミネラルが多すぎる

です。ミネラルは旨味であり、少なすぎるとコクがなくて味気がありません。また、ミネラルが多すぎると苦味やしょっぱさが目立ち、飲みにくくなります。

とは言え、ミネラルが全くない水でもおいしいと評価される水はありますし、ミネラルが多い水は冷やしたりレモンを絞れば多少は飲みやすくなります。

そのため、おいしくないと決めつけずに試飲ができたらしてみると良いですよ。

まとめ

  • おいしい水の基準はミネラル、温度、炭酸濃度など
  • 常温で試飲してみると自分の好みが分かりやすい

水を比較する時に、成分表を見比べてみるとおいしい水が分かります。また、おいしく飲む工夫をしてみるのも良いですね。

おすすめの記事