まずい水道水ランギングに下剋上が起こってる?

沖縄、東京、大阪などなどまずい水道水のワーストランキングで常に上位だった地域

いま、これらの地域でも水道水の満足度がぐんぐん上がってるんです!

まずい水道水といえばカビ臭などのくさいニオイだったり、硬度が高すぎるせいで「苦い」「後味がわるい」などありますよね。

こういったまずい水道水の原因が新しい浄水技術の採用のおかげで、大きく改善されている地域があります。

この記事では多くの人が「水道の水がまずい」と認識している地域と実際の満足度の格差、水道水がおいしくなっている理由についてお伝えしていきます。

水道水をまずく感じる原因ってなに?

塩素臭(カルキ臭)

ファミレスで出された水が塩素くさくって飲めねかった。なんって経験みなさんもお借りかと思います。最近では大手チェーン店ではそういう事もなくなって来たように思いますが、いまだに小さな中華料理店なんかでは出くわすこともしばしば・・・

塩素臭が強い水道水の特徴はダムや川などの原水が汚れているってこと

水道には雑菌を繁殖させないために塩素が投入されていることはみなさんご存知ですが、実は投入されている程度の塩素濃度ではあそこまで臭くはなりません。

強い塩素臭を放つのは汚れた原水の中の成分(アンモニア)と塩素がくっついてできた結合塩素なんです。

水道局もそのことはもちろん把握しているので結合塩素ができないように、原水を一旦ろ過してから塩素投入するなどの対策を行っているため、塩素臭に悩まされることも徐々に少なくなってきています。

いま現在、塩素臭が強くて困っているなら、浄水場の処理方式が良くない地域と思われます。

残留塩素は蛇口取付タイプのような安価なものでも活性炭が入っていれば簡単に除去できますし、レモンを数滴絞るだけでも塩素臭はキレイに消し去ることができます。

カビ臭などの異臭

水道水で最も多い苦情がこの「カビ臭」

我が家では浄水器を使ってますが、洗面所でうがいや歯磨きをするときに「うえっ!カビくっさー」ってなることがあります。

飲水にするとしたらそうとうな「まずい水」であることは間違いありません。

味よりも気になるのが、「こんなもの飲んで大丈夫なの?」ってところです。

実は飲んでも大丈夫です。水道水のカビ臭はカビの臭いではなく、原水中の微生物が作り出したニオイ物質なんですね。

出典:神戸市

微生物が発生しやすい夏場によく発生するのはこのためです。

このカビ臭は、カビのように毒性があるものではなく、健康に害はないとされています。

微生物が原因のニオイにはカビ臭以外に墨汁のようなニオイを発するものもあり、水道水の苦情の一つとなっています。

カビ臭を消すには活性炭入りの浄水器や逆浸透膜の浄水器(
ちょっと高価になりますが )が有効です。

硬度が高すぎる

硬度とは水の中のカルシウムをマグネシウムの量を表すものです。

本来人間の健康を維持するために必要なものですが、軟水を飲み慣れた私達日本人には「まずい」と感じる原因になってしまいます。

厚生省(現厚生労働省)のおいしい水研究会によると硬度は10~100mg/Lがおいしい水の要件となっています。

国内で100mg/Lを超える硬度の地域は多くありませんが、関東や沖縄など一部の地域では硬度が高く、まずいと感じてしまう方もいるようです。

水道水を飲んで、苦味や渋みを感じる、のどごしが悪い、口の中がざらつく、と感じるなら硬度が高すぎる可能性が高いです。

硬度は一旦沸騰させることである程度下げることができるので、お困りの方は試してみてください。

「浄水器で下げれないの?」と思われるかもしれませんが、今主流の活性炭や中空糸膜といった浄水器では硬度を下げることはできません。

カルシウムや亜鉛などのミネラルはRO膜(逆浸透膜)の浄水器を使えば除去することができますが、浄水器自体が高価なのに加え、ほぼ完全に取り除いてしまうというデメリットがあります。

まずい水道水ランキング( 都道府県別 )

まずい水道水をアンケートしたデータがないか探してみたのですが残念ながら見つかりませんでした。

ということで、ちょっと強引ではありますが、 2015年に実施された「 地元県民がおいしいと思う水ランキング( 水を考えるプロジェクト ) 」 のデータを元にワーストランキングを作成してみました。

1位 福岡県
2位 沖縄県
3位 千葉県
4位 埼玉県
5位 大阪府
6位 茨城県
7位 神奈川県
8位 兵庫県
9位 奈良県
10位 東京都

水質がぐんとアップ!水道水がおいしくなってる地域3選

1)東京都

都内23区のほとんどは高度浄水処理された水道水

※高度浄水処理については後述します。

東京都では利根川水系の水質悪化の対策として高度浄水処理施設が導入され東京23区エリアのほとんどがカバーされています。

この高度浄水処理ではオゾン処理や微生物による浄化処理(生物処理)が実施されています。

オゾン処理は嫌なニオイを取り除くのにとても優れた方法で、活性炭のなんと5倍もの消臭能力があるそうです。

なので高度浄水された水はカビ臭や墨汁臭といったいやなニオイは強力に除去されているわけです。

さらに、 微生物による処理では水中の有機物質を分解するため農薬(有機)の除去にも効果を発揮します。

塩素による処理も最小限ですむのでトリハロメタンも大幅に低減されています。

塩素をたっぷり使って、生物処理もされていない急速濾過法がまだ普及しているなかで、このような高度浄水処理の水道水が飲めるのはとても贅沢な事だと思います。

満足度は70%以上

東京都水道局では毎年「お客様へのアンケート調査」を実施しています。

平成29年度に実施されたのアンケートの、「 飲み水としての水質の満足度 」をみてみると「満足」と答えた人が全体の38.3%「やや満足」と答えた人は32.5%

両方を合わせると70.8%の人が「満足」と答えています。一方で「不満」と答えた人は7.6%

この数字を見てどう思いますか?意外と東京都のみなさんは水道水を「おいしい」と思ってるのではないでしょうか。

参照:お客さまへのアンケート調査-東京都水道局

2)大阪市

淀川を水源としている大阪市の水道は長らく河川の汚染に悩まされてきました。私自身も「大阪の水はカルキ臭い」というイメージがいまだに残っています。

一昔前から比べれば淀川もずいぶんとキレイになってきましたが生活排水や工業配水などによによる汚染はまだまだ油断できない状況です。

そういった事もあって「大阪の水はまずい」というネガティブなイメージの強い大阪ですが、今ではかなり水質が改善されています。

大阪市内全域に高度浄水された水を配水

大阪市では平成10年~12年にかけて高度浄水処理の施設を導入し、現在では市内全域に高度浄水処理されたお水が届けられています。

また、二段階のオゾン処理を行い有機物を浄化する生物処理も行う徹底ぶりです。

大阪市民の満足度も高い

大阪市でも定期的に水道に関するアンケートをが実施しています。
平成29年 に行われた「水道事業に関するアンケート」によると

「とても満足」が28.3%、「やや満足」が 44.4%で満足を感じている人が72.7%、

「やや不満・不満」と答えた人はわずか3%となかなか優秀な結果となっています。

参照:水道事業に関するアンケート-大阪市

3)沖縄県

「まずい水道水」といえば必ず名前が上がってくるのが沖縄です。

沖縄は石灰岩層の影響から水道水の硬度がとても高い地域がありました。さらに、かつでの大渇水の経験から屋上タンクを設置する建物が多くそれが水をまずくする原因になっていた経緯があります。

でも沖縄の水道水はいまではかなり改善されているんです。

高度浄水処理と硬度低減化施設で改善

沖縄では北谷浄水場(北谷町を始めとする中部と南部の7市町村へ配水)と石川浄水場(本島中部と南部の14市町村へ配水)で高度浄水処理が運用されています。

硬度が高くてまずい、といわれてきた北谷浄水場には逆浸透膜(RO膜)で海水を淡水化させる施設も併設されました。

逆浸透膜(RO膜) で浄水した海水は硬度ゼロの水になるのでその水とブレンドすることで硬度の低減化させているわけです。

これによってかつては年平均 140~180mg/L程度だった水の硬度を100mg/L 前後にまで下げることに成功しています。

100mg/L なら おいしい水研究会が提唱していた要件にもマッチし、多くの方にとってかなり飲みやすい水ではないかと思います。

県民の評価は

沖縄の水道を管理する沖縄県企業局では毎月水道についてのアンケートを実施しています。

2019年4月のアンケート結果を見てみると「あなたは、飲み水としての水道水に満足していますか?」という問いに対し、「満足」と答えた人が28.6%、まあ満足が71.4%、「やや不満」「不満」「どちらともいえない」と答えた人は一人もいませんでした。

ちょっと優秀過ぎる結果な気もしますが、大半の沖縄の方はいまの水道に満足されてるのは間違いなさそうですね。

参照:水道についてのアンケート調査結果(2018年4月)-沖縄県企業局

おいしくなった理由は「高度浄水処理」

出典:東京都水道局

かつてはまずい水道水ランキング上位と思われていた地域でおいしい水道水が飲めるようになってきています。

改善に大きく貢献しているのがここまで何度もでてきた「高度浄水処理」です。

ではなぜ高度浄水処理で水道が美味しくなるのかをご説明しますね。

従来の急速濾過法の問題点とは

水道の浄水処理法には緩速濾過法、急速濾過法、高度浄水そのたもろもろがありますが、日本で大半を占めているのが急速濾過法になります。

この方法は少ないスペースで大量の水が浄化できるメリットがあり全国に広がったわけですが、いろいろと問題がある方法なんです。

1)トリハロメタンが発生しやすい

高速濾過法は発ガン性物質として有名な トリハロメタンを多く作ってしまいやすい方法です。

トリハロメタンは水の中の有機化合物と塩素が反応してできる物質なので、昔のように水源が汚染されていなかった時代はよかったのですが、生活配水や工業排水などで原水が汚れてくると、トリハロメタンの濃度が問題になってきたわけです。

2)塩素臭(カルキ臭)が発生しやすい

急速濾過法はカルキ臭が強くなりやすい欠点もあります。これもトリハロメタンと同じく原水が汚れているほど、塩素臭がきつくなり、あの飲む気になれないまず~い水になってしまいます。

3)農薬(有機)や合成洗剤など、ほとんど浄化できない

農薬や合成洗剤などの有機汚染物質の浄化には微生物の力を利用した「生物処理」がとても有効なのですが急速濾過法では生物処理が行われないため、ほとんど浄化されずに残ってしまいます。

高度浄水処理のメリットとは

トリハロメタンが発生しにくい

従来の急速濾過法では前と後、二段階の塩素処理が必要だったんですね。

トリハロメタンがたくさん作ってしまうのは前の段階で注入される塩素処理なんです。

オゾン処理ができる高度浄水処理ではこの前段階での処理(前塩素処理・中塩素処理)が必要ないので、トリハロメタンが大幅に削減できます。

塩素臭(カルキ臭)が発生しにくい

高度浄水処理では塩素臭も大幅に低減されます。

塩素臭は水の中のアンモニア(汚れた水ほど多い汚染物質)と結合することで結合塩素というものができてしまいこれが強いニオイを放つ原因です。

オゾン処理では強い塩素臭の原因となるアンモニアを分解できるので最終的な水道水の塩素臭が大幅に低減されます。

ちなみに、原水がキレイな地域では、アンモニアとの結合塩素が生成されないので、硬度浄水処理をしなくても塩素のニオイはほとんどしないんです。よほど敏感な人でないと感じ取れないレベルだとか。

カビ臭・墨汁臭など異臭を強力に除去

オゾンの強力な酸化作用でカビ臭や墨汁臭など水をまずくする臭いの原因物質を除去します。

その能力は強力で活性炭の約5倍もの消臭力があるそうです。

なので高度浄水処理場から流れてきた水なら「カビ臭い」なんてことはほぼ起こりません。

農薬(有機)や合成洗剤などの汚染も浄化

微生物の分解能力を使用した浄水法で、農薬類や合成洗剤の成分など水に溶け込んだ有機汚染物質を強力に浄化してくれます。

ちょっと信じられないかもしれませんが、従来の有職濾過方式の浄水場では農薬や合成洗剤などの汚染物質はほとんど除去できていませんでした。

濾過前の汚れた水に対して塩素を使う必要がなくなるため、トリハロメタンを大幅に低減、さらに塩素臭もほとんど感じないレベルになります。

高度浄水処理でも水がまずい場合

マンションの貯水槽や老朽化した配管を使っている場合、それが原因で水道水がまずくなってしまうことがあります。

また、高度浄水処理といっても除去できない物質もあり、完璧というわけではないんですね。

突発的な事故で水道が汚染される事もあるので異常を感じたら管轄の水道局へ問い合わせてみましょう。

水道水の味を決めるのは水源と浄水方式

ダム?川?湖?地下水? あなたは自分のお家から出る水道水はどこから来てるのかご存知ですか?

水道水は元となる水源と浄水施設によってほとんどが決まります。

水源と浄水施設は同じ県内にいくつもあるので、都道府県単位で水道水の良し悪しはわからないんですね。

「隣町に住んでいる友人のお家ではおいしい水道水が出るのになんで我が家の水道はまずいの?」

こんなことが実際に多くあるのが水道水のややこしいところ、

実際に我が家の水道水はカビ臭がでることもしばしばでお世辞にもおいしいとはいえない水道水ですが、車で10分ほど、はなれた友人宅では浄水器いらずのとてもおいしい水道水が出ます。

熊本のように県内全域でおいしい水が飲めるといった地域は別としておいしい水を都道府県単位で語るのはちょっと乱暴だいうことですね。

水のおいしさを知りたいならまず水源はどこなのか?浄水処理場ではどんな処理が行われてるのか?をぜひ調べてみてください。

都市部や県など規模の大きな水道事業者ならHPでやさしく解説してくれてるところも多いですよ!

ネットで調べてもわからない時は電話で聞いてみる手もあります。
電話番号は水道料金の明細票に書いてあるので気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

水道に関する問い合わせは毎日当たり前のようにあることなので、やさしく教えてくれると思いますよ!

管轄の水道局や問い合わせ先がわからない場合は水道料金の明細に記載されてます。

おすすめの記事