水道水が臭い!不味い!水道水をおいしく飲む5つの方法

「水道水がまずい!だからペットボトルの水を買ったり、ウォーターサーバーを検討してる。」

もし水道水が不味いがゆえに水を購入したいと考えてるなら、ちょっとその考えをストップして水道水をおいしく飲む方法を考えてみてはどうでしょうか?

日本の水道水は世界的に見ても清潔で、水道水の水質は基準値があって守られています。

なので水道水を飲まないなんてもったいないという専門家もいます。

まずは水道水をおいしく飲む方法を知って、その上で水を買うか考えてみてもいいかもしれませんね。

水道水が不味い原因

水道水がまずい原因

原因1 塩素

水道水が臭い、不味いと言われる大半の理由は、塩素で消毒してあるからです。

塩素は消毒のために利用されていて、塩素がなければ水は雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

なので塩素は必要不可欠なんですが、塩素のせいで水がカルキ臭くなり不味く感じます。

そんな水道水をおいしくする方法は、塩素を抜いてしまえば良いんです。

原因2 嫌なニオイ

水道の苦情のなかで最も多いのが嫌なニオイ、特に多いのがカビ臭ですね。

私は飲んだことありませんが、中には墨汁のようなニオイがする場合もあるのだとか。

カビ臭や墨汁臭はカビが入っているわけではないので、健康に害はないとされていますが、飲み水として不味いだけでなく、お茶やコーヒー、お料理まで不味くしてしまう困った存在です。

原因3 水道管

水道水は水道管の中を通って蛇口からでてきますよね。マンションなら貯水タンクに水道水が貯まります。

この時に、昔の配管だったり管理が行き届いてない貯水タンクだと、金気臭くなったり赤さびが出てきてしまう場合があります。

水道が不衛生だから水も臭くて不味い、だから水道水は不味いと感じる人もいます。

さらに水道水はまろやかな天然水に比べると不味いと感じる人もいますし、水道水を飲むのにあまり良いイメージがないのは事実です。

水道水をおいしく飲む5つの方法

水道水をおいしく飲む5つの方法

ちょっとひと手間かかりますが、水道水がおいしく飲めればミネラルウォーターやウォーターサーバーにお金を使う必要がなくなるかも!ここでは水道水をおいしく飲む5つの方法をご紹介。

1 沸騰させる

水道水を飲む方法で、メジャーなのが沸騰です。水道水をそのまま飲むのではなく、沸騰させた事がある人もいるんじゃないでしょうか?

沸騰させる時はちょっとした注意点があります。それはヤカンのフタをせずに最低10分間は加熱すること。

「なぜ10分も加熱しないといけないの?」かというとちょこっと沸騰させただけではトリハロメタンが増えてしまうからです。

塩素だけであれば1分程度の加熱でほぼ抜けていくので水のおいしさはアップしますが、トリハロメタンにも注意してください。

沸騰させた水を冷やして飲めば、塩素臭さはありません。

沸騰させてから冷茶を作るど沸騰させてから冷蔵庫にストックしておけば、いつでも冷たくて塩素を感じない水が飲めます。

2 竹炭や備長炭を入れる

カルキ臭だけでなくカビ臭などのいやなニオイにも効果がある方法です。

炭は小さな穴がたくさん開いていて、その穴がカビ臭などのいやなニオイや水道水中の有害物質をを吸収してくれます。

また、塩素は炭(炭素)の化学反応によって取り除かれます。

水を汲んでその中に炭を入れておけば、1日でニオイや塩素が抜けておいしくなりますよ。

また、炭に含まれるミネラルが水に溶け出して水がおいしく感じます。水がおいしいと感じるのはミネラル分なので、炭は余計なものを吸収しておいしいものをくれるありがたいグッズです。

ただし、浄水能力については活性炭に大きく劣ります。浄水目的なら活性炭入りの浄水器がおすすめです。

3 レモンを入れる

水のデキャンタにレモンが入ってる飲食店がたまにあり、レモンが入ってるとおいしいと感じる事はありませんか?

それは、レモンの味が水に合うんじゃなくて、レモンのビタミンCが塩素を除去してくれるからです。

ただし、レモンをずっと水の中に入れておくとレモンの苦味が出てきてしまうので、最初は水を味見してレモンの浸け置き時間を調節しましょう。

ビタミンCは塩素と結合するため、レモンじゃなくてもお茶の葉でもオッケーです。

4 水を日光に当てる

水をおいしく飲むために、あれこれやるのがイヤだっ!という人は、水を汲んで日光に当ててあげればオッケーです。

塩素は紫外線によって分解されるため、透明なガラスやプラスチックなど紫外線を遮らない透明な容器に水を入れて日向ぼっこさせてあげます。

晴天の日なら30分から1時間で塩素が消え、カルキ臭がしないおいしい水になります。

5 汲み置き

夜寝る前にヤカンなどの容器に水を入れ放置する方法です。

完全に塩素を抜くためには2~3日かかりますが、一晩汲み置くだけでも塩素の減少によって、カルキ臭を感じないほどおいしい水になります。

朝のように水道管内に長時間溜まった水ではなく水道管の悪影響を受けにくい夜の水道水を使うというのもポイントです。

【 注意 】塩素が抜けた水はお早めに

塩素が抜けた水は殺菌能力を失っています。

ミネラルウォーターの説明書きにも「開封後はお早めにお召し上がりください」って書いてありますよね。あれと同じ状態です。

水道水の塩素を抜いたら雑菌が繁殖しないように冷蔵庫に入れ、早めに使い切るようにしましょう。

まとめ

地方によって塩素臭さなど水道水はちょっとづつ違うため、引っ越ししたらどのぐらい振ればいいかなと考え直すのは必要ですが、水道水はおいしくなります。

これでもダメなら、ミネラルウォーターやウォーターサーバー、浄水器などの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼参考文献
水道水を美味しく飲む
著者:小島貞夫

おすすめの記事