天然水とは?子供に向いてる水なの?

天然水って聞くと、なんだかおいしそう、体に良さそう、質がいいって感じがしますよね。

天然水はペットボトルやウォーターサーバーでも商品化されてますし、水の種類もたくさんある事から人気さが分かります。 

だけども、じゃあ天然水って何?と聞くと明確に答えられる人は少ないでしょう。

そこで、天然水について詳しく見ていきます。

天然水とは

天然水=ミネラルウォーターと思っていませんか?これは、実はハズレです。

なぜなら、天然水はナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターに分かれるからです。

ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターとは、水源地下水をろ過や加熱殺菌などの処理以外を全く行わないものです。

成分調節はなしで、ミネラルは溶け込んでません。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターは、地層のミネラルを含む水の事です。ろ過や加熱殺菌以外はしていませんし、成分調節もしていません。


以上が天然水と呼べる水です。なのでミネラルウォーターは天然水ではないんてす。

しかし、ミネラルウォーターは地中でミネラルを多く含んでる水の事で、その水をろ過や加熱殺菌、オゾン殺菌などをして、ミネラルをブレンドするなど手を加えた水です。なので、半分は天然水という事ですね。

また、これらの水を全てひっくるめてボトルドウォーターと呼びます。

飲み水なら水道水でもなんでも良く、処理の仕方に制限はありません。

産地によって異なる味と成分

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)はその地域の地層や土壌のミネラルを含むため、地域性が出ます。

富士山

富士山の水はウォーターサーバー業界で人気の水で、多くの天然水サーバー会社が販売しています。

水の特徴はバナジウムが配合されてる点で、血糖値を下げる効果があります。

なんでも、富士山の湧き水を飲んでる人はみんな血糖値が低いらしいですよ。

ただし、バナジウムは濃度が大切で、富士山の水だからといってバナジウムが濃厚とは限りません。

販売会社によってバナジウム含有量は違うため、チェックしてから買いましょう。

南阿蘇

南阿蘇の天然水には、シリカが含まれてるものが多いです。シリカはコラーゲンの働きを助けるため、美容に良しです。

また、骨を強くする、健康な髪を保つなどの効果もあり、男性も必見の成分です。

このように、天然水は産地によって味が変わるのはもちろんの事、成分まで変わります。

それが天然水の楽しさなんです。

もちろんバナジウムやシリカなどの特別な水が入ってないものの方が多いんですけど、味は産地で違います。

その違いを楽しむのが、天然水通です。

子供に飲ませて大丈夫?

結論から言うと、天然水は子供に飲ませて大丈夫です。

なぜなら、日本の天然水は硬度(ミネラルの多さ)が水道水とあまり変わりないからです。

飲み慣れてる水道水と味が似てるので子供は嫌がりません。

それどころか、まろやかでおいしいと言うでしょう。 

海外の水には注意

反対に、ミネラルが多い水は子供は嫌がる可能性があります。

ミネラルが多い水を硬水と呼び、日本にはあまりありません。

しかし、海外から輸入された水(コントレックスなど)は硬水で硬いな、飲みにくいな、まずいなと感じる可能性があります。

また、ミネラルが多いと下痢になる可能性もあるため、小さな子供にはやめておいた方が無難です。


天然水についてまとめると、こうなります。

・天然水と呼べるのは成分を調節してないものだけ

・産地によって成分と味が違う

・子供は飲んでも大丈夫

・海外の水(ミネラルウォーターを含む)は味がイマイチかも

天然水ってなんとなく良さそうっていうのがクリアになったのではないでしょうか?

天然水の違いを楽しめれば、水選びも楽しくなりますよ。

おすすめの記事