ウォーターサーバーってあれば便利ですが、いざ家にお出迎えするとなった時に困るのが設置場所ですよね。どこに置こうかなぁ?キッチン?リビング?と置く場所を考える時に忘れちゃいけないのが、ウォーターサーバーの大きさと設置の注意点です。

コンセントの近く、邪魔にならない場所など設置する時に考える事は色々とありますが、ここでは見落としがちな細かい点について見ていきます。厳密に守る必要はないけども、できれば知っておいた方が後々に困りません。

ウォーターサーバーの大きさと設置スペース

まず、ウォーターサーバーのサイズについて考えてみましょう。サーバーの種類によって若干の大きさは変わりますが、だいたいウォーターサーバーはどれも同じぐらいの大きさです。また、サーバーの大きさにプラスしたスペースが必要です。

ウォーターサーバーの大きさ

ウォーターサーバーの大きさは、床置だと横と奥行きが30センチぐらいです。高さは110センチ~130センチほどです。

卓上タイプでも横幅と奥行きは床置とあまり変わらず、数センチ横幅と奥行きが小さくなったぐらいです。高さは75センチ~90センチと床置よりもだいぶ低くなりますが、横幅と奥行きは床置とほぼ同じと考えて良いでしょう。

A4サイズの紙が297ミリ×210ミリなので、ウォーターサーバーはA4サイズよりもちょっと大きめぐらいですね。また、女性雑誌の横幅と奥行きもA4サイズに近いです。もし家にA4の紙や女性雑誌があれば、それを手に持って置けるスペースを探すと良いですよ。

設置スペースの注意

サーバーを置く場所を探す時に見落としがちなのが、+αのスペースです。サーバーを壁にピッタリとくっつけてしまうと、サーバーの振動が壁で伝わってしまい、音がうるさいと感じてしまうかもしれません。

また、サーバーはコンセントを利用して熱を持ちます。壁にピッタリとくっつけると、背面から熱の逃げ場がなくなってしまいますし、背面には埃が溜まるのでその掃除もしにくくなってしまいます。

こういった理由から、ウォーターサーバーは背面と横側から10センチぐらい壁と距離を取り、設置するようにしましょう。

ウォーターサーバーが不向きな場所

ウォーターサーバーの設置で不向きなのは、熱を持つ場所、湿気がある場所、屋外です。家で湿気がある場所と言ったらお風呂ですが、脱衣所にウォーターサーバーを置く人はあまりいませんし、屋外にウォーターサーバーを置く人も珍しいですよね。なので注意するまでもありませんが、熱を持つ場所は家のいたる所にあるので注意しましょう。

熱源の近く

熱を持つ機械と言ったら、テレビや冷蔵庫、ガスコンロや電気コンロ、ヒーターなどです。また、見落としがちですが床暖房も熱を持ちます。

熱を持つものがサーバーの近くにあると、サーバーの温度が上がりやすくなります。そして、冷水を出すための冷却機能が必要以上にフル稼働して電気代が上がる可能性があります。また、温度が上がるとサーバーの負担にもなりますし、水ボトルが劣化するなどのリスクも高まります。

さらにガスコンロや電気コンロで料理中に使った油やソースなどがはねて給水口に付いたら掃除に手間がかかります。そのため、熱を持つ場所はなるべく避けると、サーバーに負担がかかりにくいです。

避難経路

熱とは違いますが、ドアの近くや階段の近くにウォーターサーバーを置くのは避けた方が良いです。これは、火災や地震などのもしもの時に備えてです。

ウォーターサーバーは卓上タイプでも10キロ以上、床置だと21とキロなど重さがあります。そのウォーターサーバーが倒れた時に、階段だとウォーターサーバーが滑り落ちてくる、道を塞ぐなどの危険があります。

また、ドアを塞いで避難しにくくなるなども考えられます。ウォーターサーバーに限った事ではないんですが、万が一の時に備えて避難経路は確保しておきましょう。

ボトルの収納場所も考えて

ウォーターサーバー本体に気を取られて忘れてしまいがちなのが水ボトルや水パックの置き場所です。ストックを置く場所空ボトルを置く場所は予め考えておきましょうね。ウォーターサーバー本体の近くに置けば便利なのは間違いないんですが、そうなるとリビングで空ボトルが目立つ、キッチンで邪魔になるなどデメリットが出てきますよね。

ボトルが目立ってイヤならばボトルに布をかけて隠す、少量パックのウォーターサーバーにして収納場所から楽に持ってこれるようにするなど、どうするか決めておきましょう。

まとめ

  • ウォーターサーバー壁から10cm以上離す
  • 熱源、階段、ドアの近くに置かない
  • ストックの置き場所も忘れずに確保

細かい注意点になってしまいましたが、これらを知ってれば後悔する事はないでしょう。納得できる設置場所が見つかると良いですね。

おすすめの記事