川原で2時間も立ちっ放し寒い思いをした事

昨日、家族の学校行事があり川原で数時間立ちっぱなしでした。
毎年の行事ですが今回初参加なので他の父兄から寒いとという話は良く聞いていました。
寒いのはそれほど苦手ではありません。あまり気にしないで参加しました。
行事がスタートした頃はまだ寒くもなく、背中に当たる太陽の陽が心地よいとさえ思えました。
去年は寒かっただろうけれど今年は暖かくて良かったとさえ思っていました。
ところが、時間が経つごとに風が吹き始め、足元からゾクゾクと寒さが伝わってきました。
川原は風が通り過ぎやすく、この季節の風の冷たさを実感しやすい環境です。つい先日まで同じ川原で芋煮会をしているのをよく見かけたものです。
橋の上から見ているのと、川原に実際いるのとでは寒さの感じ方は全然違うようでした。
しばらくすると、雨まで降ってきて丁度タイミングよく行事が終わりました。
川原のマラソンコースでは多くのランナーがいました。ランナーと一緒に走るマラソンの行事だったので、父兄がマラソンコース沿いで応援しました。一般のランナーも応援されているようで気恥ずかったかもしれません。コートとマフラーだけでは川原の応援は厳しかったです。ホッカイロやブーツで完全装備しておけばよかったと思いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング