コーヒーはNG?妊活中はカフェインを控えた方がいい理由とおすすめドリンク

妊活中にカフェインは控えた方が良いのか?妊活をされている方なら誰でも気になる事ですよね。

妊娠中にはカフェインを摂る事は良くないと言われていますね。妊娠する前の妊活中はどうなの?と考えてしまいますが、妊活中にもカフェインは出来るだけ控えた方が良いようです。
カフェインってどんな作用があるの?

生物が生成される自己防衛物質となるのがカフェインです。アルカロイドの一種になります。
カフェインの働きには代表的なものとして覚醒作用があります。眠くて仕方がないという時にカフェイン入りの飲料を飲むと目が覚めたり、夜、カフェイン入りの飲料を飲むと眠れなくなってしまうのもこのためです。その他に血圧の上昇があったり、血管の収縮もあります。それから集中力を高めてくれるといった働きもありますし、利尿作用がある事でも知られています。またカフェインには中毒性があるので日常的に飲み続けているとまた飲みたいという欲求にかられますし、つい何杯も飲んでしまうという事になります。
妊活中にカフェインを控えた方が良い理由とは?

妊活中には、カフェインを摂る事による血管の収縮作用が良くないと言われている原因になります。

覚醒作用の一つなので、筋肉を収縮させますし、身体が緊張状態におかれてしまいます。そのため血管も収縮してしまうという事です。そして狭くなった血管は、血流も弱まってしまいます。そのため全身への血液の流れも弱まってしまいます。そうなると身体は血の巡りが悪くなり身体が冷えてしまう事になります。

妊活中に身体が冷えてしまう事は良くありません。身体だけではなく妊娠において重要な子宮や卵巣といった大切な部位にまで血液が流れず血行不良による子宮や卵巣の機能の低下に繋がり、月経不順や不正出血、無排卵などを起こしてしまう事もあります。

過剰にカフェインを摂る事はつまり妊活中の大事な身体を冷やしてしまうという事です。

また利尿作用により大切な栄養素を身体の中から出してしまいます。

またコーヒーをホットで飲めば良いかというとそうではなくカフェインが含まれている以上、過剰に摂り過ぎる事は身体を冷やす作用があるという事になります。

妊活中にカフェインは一切摂らない方が良いのではなく、少しなら大丈夫のようです。数杯程度なら大丈夫と言われています。5杯以上など過剰に摂り過ぎるのは良くないようですね。
ノンカフェインのオススメの飲料とは?

どうしてもコーヒーを飲みたいという方はノンカフェインのコーヒーを飲むのをオススメしたいです。

それからノンカフェインの飲料としてたんぽぽコーヒーやたんぽぽ茶をオススメしたいです。

たんぽぽの根は土の中にあるので、身体を温めてくれる作用があります。

また体内の余分な水分や老廃物を体外に出してくれる働きがあるので冷えも解消されやすいですし、栄養素も吸収しやすくなります。

鉄やビタミンB2が多く含まれ、ホルモンバランスの乱れの改善に繋がります。妊活において重要な身体を作ってくれるので積極的に飲みたいですね。また妊活中から妊娠中、産後と続けて飲めますのでお気に入りのものを見つけて愛飲していきたいですね。

飲料一つで妊活も上手くいくなら是非活用してみない手はないですよね。カフェインも絶対に摂っては駄目という事ではない事が分かっていますので、カフェインの含んだ飲料を手離せないという方もいきなり断つのはストレスになってしまうと思うので、飲む回数を控えたりノンカフェインの飲料を飲む比率を少しずつ多くしていけたら良いと思います。

やはり何となく妊活にカフェインが悪いと聞いているだけよりもこうして理由が分かった後の方が意識して控えたりしやすくなると思います。無事に妊娠出来るように今日から少しずつ始めていけたら良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング