浄水器を調べていくと、フィルターの種類が目に付く機会が多いですよね。活性炭、イオン交換樹脂、RO膜などなど…。

良く目に付くこれらのフィルターって、一体どんなものなの?と疑問になる事も多いかと思うので、フィルターの種類について詳しく見ていきましょう。これを知っておけば、浄水器選びがもっと分かりやすくなりますよ。

活性炭

まず良く目に付くのが活性炭ですよね。活性炭は無数の中が空いていて、水の中の有害物質がその穴に吸着します。それによって水をろ過し、百均などの安い浄水器にも利用されています。炭の原料になってるのは、木やヤシ殻などです。

炭はそのままの状態でフィルターになってるのではなく、粉末や粒など細かくして利用します。

ちなみに、活性炭とは無数の穴ができるように処理を施した炭の事です。炭は原料によっては穴が空いてないものもあります。そのため、むやみに炭を使って水をろ過しようとすると失敗します。

これから色んなフィルターを紹介しますが、あると、どのフィルターを軸に選んだら良いか悩むかと思います。そんな時はこの活性炭がお勧めです。除去できる物質が多く、総合的に優秀です。

ろ過膜

膜に無数の穴を開け、ろ過するのをろ過膜と言います。穴は大きさが計算されていて、不必要な不純物をカットして水やその他の物質が通るようになっています。

中空糸膜

浄水器で最も利用されてるろ過膜です。超細かいストロー状の糸を何百束と束ねて、小さな菌である大腸菌や鉄サビも引っ掛けてろ過できます。

小さな不純物をろ過できる反面、超細かい穴でろ過するのでろ過速度が遅いのがデメリットです。また、熱に弱いのでお湯をたくさん使うと劣化しやすくなるというのが注意点です。

不織布

不織布は織らない糸でできたフィルターです。糸を絡めただけなので無数の穴があり、そこでカビやサビ、細菌などを除去します。

目な荒い不織布を利用し、まずはそのフィルターで大きな不純物を除去してから他のフィルターで細かい物質を除去していくのに利用される事もあります。

ろ過膜はそれぞれ穴の大きさが異なり、ろ過できる物質は変わってきます。そのため、活性炭など組み合わせて層を作り、1つのろ過装置になっています。

セラミック

セラミックというと陶器などをイメージするかと思いますが、浄水器のフィルターでも利用されます。非常に小さな粒を集めて作ったフィルターで、カビや細菌などをろ過します。

また、陶器をイメージできるようにセラミックは熱に強い性質があります。ろ過膜の中空糸膜は熱に弱いのでセラミックはろ過膜にないメリットがありますが、ろ過膜のように面積を大きくするのが難しい、キメが細かすぎて目づまりを起こしやすいなどのデメリットもあります。

イオン交換樹脂

今までのフィルターは不純物に吸着してろ過するものでしたが、イオン交換樹脂は金属イオンを無害にするという一風変わったフィルターです。知ってる人もいるかもしれませんが、震災以後に話題になったセシウムを除去できるのもイオン交換樹脂です。

デメリットはフィルターの交換期間が短い事と細菌は除去できない事です。割高なフィルターという感じですね。また、除去できるものが限られてるので他のフィルターと合わせて使います。

逆浸透膜

RO膜とも言われているのが逆浸透膜です。これまでのフィルターとは比にならないぐらいどんなものも除去できます。その威力は、海水を真水に変えるほどです。その結果、下水の処理など飲み水だけでなく工業用としても利用されています。

細かい穴が強みの逆浸透膜ですが、それだけ細かいフィルターなので水のミネラルまで除去されて水だけが残ります。そして、目づまりを起こしやすいというデメリットもあります。 

高性能なので家庭用の浄水器ではあまり逆浸透膜は見かけず、ウォーターサーバーでの利用が多いです。

フィルターはそれぞれ。だけど交換は共通でマスト

フィルターは細かいと高性能で色んな物質を除去できる反面、目づまりを起こしやすいデメリットがあります。

反対に目が荒いと、有害物質がスルンと通り抜けてしまいます。なので良いも悪いも紙一重って感じですよね。どのフィルターでもメリットとデメリットがあり、どれが一番優れてるとかはありません。

そして、どんなフィルターも永久的に使える訳ではありません。交換しないと浄水器の機能が下がり、ろ過装置の意味がありません。どのぐらいがフィルターの交換時期かは商品によって変わってきますが、時期が来たら定期的に交換していきましょう。

まとめ

  • 浄水器のフィルターにはいろんな種類がある
  • フィルターによって除去できる物質は違う
  • フィルターによってメリット、デメリットに違いがある
  • どんなフィルターでも交換は大切

以上が浄水器のフィルターについてのまとめです。フィルターの種類を丸暗記しろとは言いませんが、浄水器を買う時にフィルターについて書いてある事は分かるようになるといいですよね。

おすすめの記事